沿革Company History

  • 1994 4月
    楽譜出版会社としてヤマハミュージックメディア設立
  • 1995 10月
    ヤマハ音楽振興会から分社独立する総合制作会社としてエピキュラス設立
  • 1996
    音楽データ配信システムサービス提供開始(Muma)
  • 2000
    着メロサービス提供開始(メロっちゃ!)
  • 2000
    PC向け音楽コミュニティサービス提供開始(プレイヤーズ王国)
  • 2000 5月
    レコード会社としてヤマハミュージックコミュニケーションズ設立
  • 2001
    24時間いつでも1曲から購入できる楽譜データ販売サイト「ぷりんと楽譜」のサービス提供開始
  • 2004
    着うたサービス提供開始(ウタっちゃ!)
  • 2004
    無料着メロサービス提供開始(ゴルゴンゾーラ)
  • 2005
    PC向け音楽配信サービス提供開始(MySound)
  • 2007 4月
    20年にわたり開催した10代のアマチュアミュージシャンを対象とした音楽の祭典「ティーンズミュージックフェスティスバル」を終了し、新たに23歳以下を対象に日本最大級の音楽コンテストとして「Music Revolution」を開始
  • 2007 6月
    持株会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスを設立しヤマハグループ内音楽ソフト事業組織再編
    傘下企業としてヤマハミュージックメディア、ヤマハミュージックコミュニケーションズを編入、ヤマハミュージックパブリッシング、ヤマハエーアンドアールを新設
  • 2007 8月
    ヤマハミュージックアーティスト設立
  • 2007 10月
    ヤマハ・アトス・ミュージック・アンド・ビジュアルズ設立
  • 2008 4月
    エピキュラスをヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスの傘下企業へ編入
  • 2009 6月
    アトス・インターナショナルとの合弁を解消、ヤマハ・アトス・ミュージック・アンド・ビジュアルズからヤマハミュージックアンドビジュアルズへ名称変更
  • 2009 11月
    中島みゆきが秋の紫綬褒章を受賞
  • 2011 2月
    第53回グラミー賞において、上原ひろみが参加したアルバム「「スタンリー・クラーク・トリオ feat.上原ひろみ」が、「ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞」を受賞
  • 2012 5月
    2012年(第30回)JASRAC賞において、ヤマハミュージックパブリッシングが出版権を管理する「SHALL WE DANCE」(ミュージカル『王様と私』主題歌)が「外国作品賞」を受賞
  • 2013 4月
    ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスがヤマハエーアンドアールを吸収合併
  • 2015 4月
    ヤマハミュージックメディアがヤマハミュージックアンドビジュアルズを吸収合併
  • 2015 5月
    2015年(第33回)JASRAC賞において、ヤマハミュージックパブリッシングが出版権を管理する「"LET IT GO" from the DISNEY film "FROZEN"」(ディズニー映画『アナと雪の女王』挿入歌)が「外国作品賞」を受賞
  • 2016 5月
    2016年(第34回)JASRAC賞において、ヤマハミュージックパブリッシングが著作権を管理する中島みゆき作詞作曲による「糸」が「銅賞」を受賞。さらに、出版権を管理する「"LET IT GO" from the DISNEY film "FROZEN"」(ディズニー映画『アナと雪の女王』挿入歌)が2年連続の「外国作品賞」を受賞
  • 2016 8月
    23歳以下のアマチュアミュージシャンを対象に開催した日本最大級の音楽コンテスト「Music Revolution」を終了し、新たにインターネットとライブ展開を連動させた「ヤマハミュージックオーディション/Yamaha Music Audition」を開始
  • 2017 4月
    ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスがヤマハミュージックメディア、ヤマハミュージックアーティスト、ヤマハミュージックパブリッシング、エピキュラスを吸収合併