田村真寛TAMURA MASAHIRO

田村真寛

©Shigeto Imura

神奈川県生まれ。東京藝術大学卒業。同大学在学中に安宅賞を受賞。2000年「第3回ジュニア・サクソフォーン・コンクール」第1位。02年、「第19回日本管打楽器コンクール」サクソフォン部門第1位、及び特別賞を受賞。在学中よりNHK-FM「名曲リサイタル」等、多くの様々なコンサート、ライヴに出演。またソリストとして東京交響楽団、東京ハルモニア室内オーケストラ、芸大フィルハーモニア、ブリッツ・ブラス等、多くのオーケストラや吹奏楽団と共演。ストラウス・ブラス・オルケスタのアルバム「ナスカ」において、ジェローム・ノレ作曲「サクソフォンと吹奏楽の為の『フリッソン』」のソリストとして日本初録音。
「クローバー・サクソフォン・クヮルテット」のメンバーとしても各地でリサイタル等の活動を行なっており、2008年にはアルバム「CLOVER」を、2011年には2枚目となる「Precious」(レコード芸術特選盤)をキングレコードよりリリース。
2010年にワコーレコードよりリリースした「SAX EXPO!!」では、ブリッツ・ブラスとの共演、自ら委嘱した石毛里佳作曲の「Muta in Concerto」ではバリトン・サックスからソプラノ・サックスまで持ち替えていくソリストを務める。このアルバムは「レコード芸術誌」(音楽之友社)で特選盤にも選ばれた。
これまでにサクソフォンを大和田雅洋、須川展也、冨岡和男の各氏に、室内楽を須川展也、中村均一、小林裕の各氏に師事。
ソロ活動の他、「クローバー・サクソフォン・クヮルテット」メンバーとして活動、また2012年よりブリッツ・フィルハーモニック・ウィンズのコンサート・マスターを務めるほか、洗足学園音楽大学、及び神奈川県立弥栄高等学校の非常勤講師として後進の指導にあたる。また、これまでにジャズピアニストの鈴木和郎、和太鼓の上田秀一郎、ヴァイオリンの須磨和声、タップダンスの古庄里好等、クラシック以外のアーティストとも共演をしている。
セルマー・サクソフォン・プレイヤー